MENU

白髪の原因とは

女性の髪の悩みの一つに白髪があります。これは突然発生するもので、生えてくるととても気になると思います。ここでは、白髪の原因について紹介していきます。

 

【白髪の原因はさまざま】

 

白髪の原因は老化が最も知られていますが、実際にはそれだけではありません。
元々髪の毛が新しく生まれる時は白色となっています。成長の過程でこれにメラニン色素が混入し、黒い髪の毛となるのです。
メラニン色素は髪の毛の黒色を象徴する色素で、メラノサイトと呼ばれる細胞から作られています。このメラノサイトは毛根部分に存在し、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きによってその動きを管理されています。

 

つまりこのチロシナーゼの働きが何らかの原因で止まってしまうと、老化でなくとも白髪になる可能性があります。若白髪などはそれに代表されています。
その他、ストレスと白髪の因果関係も報告されており、自律神経の異常によって髪の毛にダメージを与えることになります。

 

【白髪になる原因はこれだけある】

 

白髪を招く原因はたくさんあります。以下にその一例を紹介します。

 

・老化による白髪
これは老化により、メラノサイトに指令を行うチロシナーゼが減少することにより白髪を招きます。

 

・栄養不足による白髪
チロシナーゼが働くために必要な栄養素、ミネラルやアミノ酸、ビタミンが不足すると活動することができず、白髪を招きます。

 

・生活習慣の悪化
自律神経の悪化は血行の悪化を招き、地肌に栄養素を送ることができなくなります。十分な栄養があっても、送ることができなければ白髪を招くことになります。

 

・ストレスによる白髪
生活習慣の悪化と一緒でストレスは自律神経の悪化を招き、白髪になりやすくなります。

 

白髪にならないようにするには、健康的な生活を送ることが第一条件となります。白髪から守るにはまず生活習慣の改善から心がけるようにしましょう。

このページの先頭へ