MENU

フケの種類と抜け毛との関係

フケが多いと感じている場合、頭皮が何かしらのダメージを受けている可能性があります。しかし、フケには大きく分けて2つの種類があり、それに応じて頭皮ケアを行うことが必要となります。ここではフケの症状とその対策に関して紹介していきます。

 

【フケには乾燥性と脂漏性がある】

 

フケは頭皮が乾燥するだけでなく、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで生じるものもあります。ここではそれぞれの症状について簡単に説明していきます。

 

@乾燥性のフケ
乾燥肌の方に発生しやすいフケとなります。特に冬は乾燥しやすい時期となりますので、乾燥性のフケが多くなりがちです。また、男性よりも女性の方が皮脂の分泌量が少なく、頭皮が乾燥しやすい傾向にあります。そのため、乾燥性のフケは体質的な影響が非常に強い症状であると言えます。

 

A脂漏性のフケ
脂漏性のフケはその名の通り皮脂が多すぎることで生じる可能性のあるフケです。頭皮が皮脂過多になると脂漏性皮膚炎を発生させることがあり、これが原因でフケが発生します。脂漏性のフケと言っても症状自体は乾燥性のフケと同じになります。ただし、原因が根本的に異なるため、ケアの方法も乾燥性のフケとは異なります。

 

【それぞれのフケに対してどのような対策を行うべきか?】

 

フケは頭皮環境が悪化している証拠となります。このためフケが発生している時点で抜け毛が発生しやすい頭皮環境となっているのは間違いありません。それぞれのフケに対して適切なケアを行うことが必要となります。

 

まず乾燥性フケの原因は頭皮が乾燥していることです。シャンプーの洗浄力が強すぎたり紫外線やドライヤーの熱を浴びすぎていることが原因である可能性があります。
また、脂漏性フケの場合は身体を清潔に保つことが大切です。皮膚炎が生じている場合はかかりつけの医師に相談し、ビタミンB群を中心とした食生活を心掛けるようにしましょう。シャンプーは低刺激のものを選択すると効果的です。

このページの先頭へ