MENU

スタイリストが教える美髪法

髪の毛のプロと言えばスタイリストです。髪の毛の健康を守るためにはプロの知識が必要であり、ここではそんなスタイリストが教える美髪法について説明していきます。

 

【ヘアカットの周期】

 

髪の毛は毛先から傷んでしまう可能性が高くなります。ヘアカットを長い期間行わないと傷んだ髪の毛がたくさん残ってしまい、結果として髪の毛の環境を悪化させる可能性があります。
髪の毛のことを考えるのであれば、6週間から8週間おきにヘアカットを行うと良いです。

 

【流さないタイプのトリートメントを使用する】

 

シャンプーの後に行うトリートメントですが、最近では流さないタイプのトリートメントがひそかに人気を集めています。トリートメントは髪の毛の水分を補うために行われるケア方法で、流さないタイプの方がより高い効果を得ることができる層です。

 

ただし、正しい使用方法を行わないと頭皮に悪影響を及ぼし、逆効果になってしまうので注意が必要となります。

 

【紫外線対策はとても重要】

 

髪の毛にとって最も大敵となるのが紫外線です。髪の毛は紫外線から身を守るためにあると言っても過言ではないのですが、この紫外線によって髪の毛は大きなダメージを受けてしまいます。特にキューティクルは摩擦や熱に弱く、ダメージを受けると枝毛や切れ毛の原因となってしまいます。肌だけでなく、髪の毛の紫外線対策は怠らないようにしましょう。

 

【髪の毛を気遣うなら食生活を気を付けること】

 

髪の毛は血液から栄養素を受け取ることによって成長し、健康を維持しています。つまり、血液に十分な栄養素がないと髪の毛は成長することができないのです。ビタミンやミネラル、良質なタンパク質は髪の毛を維持するために必要不可欠とされるものです。毎日の食生活では特にこれらの栄養素を欠かさずに摂取するように心がけましょう。

 

小さなことの積み重ねが髪の毛を美しく見せるきっかけとなるのです。

このページの先頭へ