MENU

髪の正しいブラッシング法

髪の毛を整えるために必要なブラッシングですが、方法によっては髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。きちんとブラッシングを行うために正しい方法を学ぶ必要があります。ここでは正しいブラッシング法について紹介していきます。

 

【ブラシの選び方】

 

ブラシひとつをとってもその種類はさまざまです。それぞれのメリット・デメリットを考慮してブラシ選びをすることが大切です。

 

・木製ブラシ
木製ブラシのメリットは静電気が発生しにくいということです。髪をとかす上で静電気は大敵となりますので、静電気に悩まされている方は木製ブラシがおススメです。一方で木製はクッション性が低く、使い方によっては頭皮にダメージを与える可能性があります。

 

・化学繊維のブラシ
最も安価で手軽に使用することができるブラシです。しかし、ナイロンやポリエチレン製のブラシは静電気を起こしやすいという性質を持っており、枝毛や切れ毛の原因となる可能性があります。最近では静電気防止加工が施されたタイプもありますので、そちらを購入すると良いと思います。

 

・天然の毛を使用したブラシ
適度なクッション性によりきれいに髪の毛をとかすことができます。毛が密集しているタイプが多く、汚れが付着しやすいのでブラシの手入れには注意が必要となります。

 

【ブラッシングの方法】

 

髪の毛が絡まっている場合は、スプレーで髪の毛を湿らせてからとかします。髪の毛は毛先からブラッシングを行います。根元から行うと途中で髪の毛が詰まり、地肌と髪の毛に大きなダメージを与えてしまうためです。

 

最後に頭皮を軽くたたきながら全体をまんべんなくとかします。こうすることによって頭皮の血行を良くし、髪の毛の成長を促すことが可能となります。

 

ブラッシング一つくらいと思う方もいるかもしれませんが、こうした地道な努力が美しい髪の毛を作り上げているのです。

このページの先頭へ